How can we improve Ececutive Presence? エグゼクティブプレゼンスを身につける方法とは

エグゼクティブプレゼンスは先天的な才能ではなく、ステージを上げていく過程で自分で後天的に身につけていくものです。

プレゼンスの差はささいな差。しかし、その要素は多岐にわたります。
まず「自分に何が必要か」を知ることから始めましょう。

How can we improve Ececutive Presence?

エグゼクティブプレゼンスを身につける方法とは

エグゼクティブプレゼンスの要素は相互に影響してます。
バランス良く順序良く磨いていくことが効果的です。
下記の3点は重要なポイントです。

印象コントロール力を磨く

「華」と言われる、誰もが見たとたんに好感や信頼感。。
相手の感覚に訴えられる表現力。
「印象」には、そういった力を生み出す可能性が無限にあります。
そのために人が五感で感じ取る要素=表情や話し方・動作などのブラッシュアップが必要です。
これらは生まれついての容貌に関係なく、いくらでも変えられる要素ですが、より高い意識とコントロール力を持つことによって、存在や言動に関する説得力が倍増します。

人をより深く理解し、影響力の源を知る

人の上に立ち、人を動かす。
エグゼクティブプレゼンスに重要な影響がある要素がコミュニケーションの力です。
上に立つ人は「人」をよく知る必要があります。そこから「人に働きかけるには何が必要か」を知るのです。
そして、手法としてのベーシック・コミュニケーションスキルを漏れなく修得しておくことも大切です
それによって、客観性や多面的な視点が磨かれ、人に接するときの余裕も生まれます。

「自分にふさわしい振る舞いを選ぶ」意志を持つ

上に立つなら、他人のリーダーである前に自分のリーダーである必要があります。
明確な意志を持って自分にふさわしい振る舞いや行動を選ぶ態度こそが、強い存在感の核となります。
「自己認識」の確かさが、それを可能にします。
「自己認識する力」は、判断力や明確さを鍛えることにもつながり、ビジネス力にも即効力を発揮します。
そこに、印象コントロール力、コミュニケーション力と結合すると、人を圧倒する空気感を生むのです。

Required Elements, Knowledge and Skills

そのために見直すべき要素、知識やスキル

表情、視線、姿勢

「たたずまい」「第一印象」を中心に、見てすぐに信頼感や有能感が伝わる印象になるよう顔つきや全体的な様子を整える。

動作、基本の振る舞い

洗練や安心感、格を醸し出すように、歩き方や日常の基本的な動作を中心に磨く。

声・話し方

言葉より先に相手に響く声、話し方を見直し、より説得力や影響力を持たせるように整備する。

プレゼンテーション

多数の人に話しかけるときのポイントを印象コントロールの応用をしながら効果的な自己紹介とともに身につけ、磨く。

服装のルール・似合う装い

大人として間違いのない服装の知識を身につけた上で、役割やポジション、そして個性に似合う服装選択ができるように知識面を磨く。

心理・コミュニケーション

「人の本質」をあらためて学び、働きかけるポイントを理解する。ベーシック・コミュニケーションスキルを身につける。

リーダーズマインド

リーダーとして必要な情報整理の仕方、伝達の仕方を見直し、部下の自主性や創造的な活動を育む動機付けの仕方を学ぶ。

エグゼクティブマナー

マナーや振る舞いをあらためて見直し、大人の品格にふさわしい、知識、成熟した振る舞いになるよう磨く。

メンタル・自己イメージ

信念やビジョンを意識し、強い意志と理性的な自己統制力を併せ持つことで、自分自身のリーダーとしてふさわしい人になる。

How can we learn Ececutive Presence for free

無料でエグゼクティブプレゼンスを学ぶには?

無料メールマガジン「エグゼクティブプレゼンス初級講座」

「有能さ、知性、品や威厳をどことなく感じる」
「余裕があり、豊かな経験や成功を匂わせる」

そんな雰囲気を持つ人に会ったら なんとなく一目置いてしまうことは ないでしょうか。 ワンステージ上だ・・・そう感じる雰囲気は 相手の中であなたのランクを自然に上げ 「一目置かれる」状態を作ります。 この講座では、あなたにその 「ワンステージ上の雰囲気」 を身につける方法を 順序立ててお伝えします。学んだ人が「もっと早く始めるべきだった」と必ず悔やむ内容をメールでお届けする講座です。 ぜひ、早めにご登録ください。

詳しく見る・登録する