Executive Presence Training 「エグゼクティブプレゼンス研修」が企業ブランドを上げる

トップの雰囲気・振る舞いは企業イメージと同質に見られ
いざというときの所作や振る舞いが企業の評価を左右します

欧米では当たり前のトップの「エグゼクティブプレゼンス。
今後は日本でも当たり前のように期待されるようになります

「エグゼクティブプレゼンス研修」の機会を設けることは、
今後企業ブランドのイメージを上げる有効な方法のひとつになります。

Corporate Executives are Watched

外部だけではなく、内部の目が見ている

トップの方へ/どこかで見直しを

人は上のポジションに行くほど、見られることが多くなります。
企業を代表する立場に近づけば近づくほど、印象や振る舞いは企業イメージと同一視されます。
社会全般、顧客や市場、ステークホルダーからの目もさることながら、内部から見つめる目もおろそかにできません。内部で働く人からすれば、トップはそのまま自分たちのキャリアの到達点、規範や行動のスタンダードです。「上の人」は「将来」であり「お手本」なのです。トップにある存在の魅力や品格次第では、内部のモラルやモチベーション、ひいては企業全体の雰囲気さえ変わります。

「上に立つ人にふさわしい上質な存在感」を作る表情や姿勢、動作や話し方、そして服装やマナーなど、いちどどこかで見直すべきではないでしょうか。

習う場所と機会がない?

日本は残念ながら、従来「仕事は中身、見かけはあと」と外見と実力をはっきり分ける風潮があり、それが「印象や振る舞い」の軽視につながっていました。しかし、欧米では「できる人間はそう見えるのが当たり前」という考え方から「見せ方も能力のうち」とするのが一般的です。日本も近年では国外との行き来も増大し、欧米の感覚に近づきつつあります。「トップであれば、エグゼクティブプレゼンスがないほうがおかしい」と言われるようになるでしょう。
エグゼクティブプレゼンスとは
上のポジションの人間は、純然たる業務以外のシーン、例えば会談、ちょっとしたスピーチ、挨拶、会話、食事、などでも人知れずレベルが測られているものです。できれば備えをして自信をつけておきたいところです。
しかし、ポジションの高い人間のイメージアップ、マナー、服装などを見直し、何かを学ぼうとしても、その機会は日本にはめったにありません。ブランドを大切にする企業なら、企業自らその機会を考えることをおすすめします。

研修ご担当へ/「今さら聞けない」中身も研修で

研修の中では、ごく初歩的な振る舞いやマナーの質問がよく出てきます。
例えば、名刺交換はどうするのが本当のマナーか? ナイフとフォークはこんな時にはどうしておけば良いのか? この行為は失礼にあたらないか?など。
社会で仕事に就いてから相当なキャリアを積むまでの期間、実はありそうで無いのが「振る舞いを見直すタイミング」です。ですから蓋を開けてみると、いま一つ振る舞いに自信を持てていない人が意外に多いということです。そして、仕事の業績を上げてきたキャリア豊かな方だからこそ、「今さら聞けない」と自信の無いまま放置している状態です。それではいざというときで損やしくじりの恐れがありますし、無意識に堂々とした態度を阻害している原因にもなります。
研修では、振る舞いだけでなく、上に立つ人の印象コントロールのポイントなども含め「目からウロコ」という感想を多くいただいています。
疑問解消し、学んでいく機会は、幹部の方々の無意識の自信を強める手助けとなります。

研修の内容

バランスのとれた内容で「ふさわしい存在感」を醸成

外見の印象を左右する要素だけでなく、リーダーとしてのコミュニケーション術、品格や威厳の内面からの醸成、とバランス良く構成しています(ただし研修時間により、含まれる内容と含まれない内容があります)。
またご希望により、御社の課題やタイミングに合わせたカリキュラムをご提案します。

内側にある魅力をアップ

プレゼンスの中身を理解するとともに、締まった表情や伸びやかな姿勢などその人の身体に備わっている魅力の要素から変えていきます。

動きに品や威厳をまとう

歩き方や日常の動作の印象を分けるポイントを具体的に学び、ブラッシュアップさせます。

装いのマネジメント

ドレスコードとTPOのマナーを学びなおすとともに、立場や役割に合った服装を戦略的に選べるようにします。

声と話し方

発声やカツゼツの基本、プレゼンやスピーチのときの基本を見直し、声や話し方の良い良いコントロールができるようにします。

心理とコミュニケーション

人の説得力、言葉の影響力などリーダーに役立つ力を心理学とコミュニケーションの視点から理解し、強くしていきます。

ソーシャルセンス

ただマナーを覚えるだけでなく、自分にふさわしい振る舞いを選ぶ力を磨きます。ビジネスマナーとエグゼクティブにふさわしい社交のマナー(挨拶、食事、ホスト、エスコート)に自信をつけます。

エグゼクティブプレゼンス研修が必要な層

エグゼクティブプレゼンス研修のお問い合わせが増えています。
多いのは意識の高い企業様、法律事務所、コンサルティングファーム、生保や損保の事業所です。

研修対象となる方は企業の上級管理職だけでなく、人に対して指導的な立場をとる仕事、専門性が高く強い信頼感が必要な仕事の方に合わせた内容でも行っております。
プレゼンスを磨くことは相手に「より強く信頼させる」「より深く納得させる」ことにつながります。
個人の自信になるだけでなく、相手のクライアント様に成果を出してもらいやすい関係を築けることにもなり、顧客満足度を上げます。その結果、売上や業績のアップになるのです。
もちろん、企業としての魅力や品格が高まり、内部スタッフのモチベーションやモラルにも良い影響を及ぼします。

会社の顔となる人

社長・経営者層・上級管理職、広報窓口など、会社のブランドマークになる方

プロフェッショナル

専門家、士業、コンサルタントなど、すぐわかる信頼感が重要な方

リーダー・管理職

説得力や影響力を持つ、存在感あるリーダーになりたい方

営業職・顧客窓口

印象で勝ち、ニーズをすばやく把握し、相手を納得させる存在になりたい方

実施概要

●日時:ご希望を考慮し、決定いたします。


●所要時間:モデルカリキュラムは、4時間×1日・8時間×1日・6時間×2日などがあります。


●定員:10名~14名程度を推奨(それ以外の人数もご相談ください)


●講師:丸山 ゆ利絵(プロフィール


●費用:実施内容と人数からお見積をさせていただきます。お気軽にお問い合わせください
法人様用お問い合わせフォームはこちら

資料ダウンロード

詳しいカリキュラム(研修パターン)の資料をダウンロードしてご覧いただけます。
(PDFで12ページ) 
下記フォームからお申込みいただくと、折り返しダウンロード用URLをご案内します。

都道府県
御社の業種をお教えください
御社の従業員数をお教えください
研修実施をお考えの時期をお教えください
当サイトはどのように見つけましたか?
弊社からの連絡を希望されますか?
今後弊社からメールでお知らせをお送りしてもよろしいですか?

お問い合わせフォーム(法人様用)

研修の内容や日程のご相談、お見積のご依頼、その他気になることのご質問もお気軽にご連絡ください。
担当者から折り返しご案内させていただきます。

お問い合わせ項目
当社あるいは当社グループからの情報提供に利用させていただいてよろしいですか?