Executive Presence for Women 女性管理職が最初に知るべきこと。

それは、女性にもエグゼクティブプレゼンスが必要であるということ。
「ついていきたい」「ああなりたい」
部下がそう思う人には、仕事の実力や人柄だけでなく、
「凛とした雰囲気」があります。

そして女性には「女性のエグゼクティブプレゼンス」があります。

Clarification of your own goal

なりたい自分をしっかりイメージ

自分のロールモデルになる

エグゼクティブプレゼンスとは、 上に立つ人にふさわしい存在感や雰囲気、 威厳や品格のようなものを指します。 それは空威張りすることでも孤独なリーダーとなることでもありません。「ついていきたい」「あんな人になりたい」と思わせるような魅力を漂わせることが重要だからです。

日本ではキャリアを描く際のロールモデルがいない、と言われています。そう嘆く女性の声は依然多く、まだ減る兆しはありません。しかし、もっと自分自身の内面に目を向けてみてください。自分のなりたい人のイメージは自分の中にあります。 エグゼクティブプレゼンスの核になるのは、女性も男性も、自分のことをよく理解しようとすること。そして、理想と行動に芯を通していくことです。
そうすれば、なりたい自分がより自分にとって明確になります。周囲にもより伝わりやすくなります。芯のある「凛とした存在感」がそうしたことから生まれてくるのです。

装い・振る舞いを「今」に合わせてデザインする

ふだんから自分の印象に気をつけているへの意識が高い人ほど、管理職となったとたんに自分の印象をどのようにデザインすれば良いのかとまどうことが少なくありません。
これは「自分がどうありたいか」というゴールの設定がまだうまくいっていないせいもありますが、「自分がこれから進む世界/いたいと思う世界」のルールをまだ知らないことにも起因しています。
服装ひとつをとっても、男性のスーツとは異なる歴史をたどった女性の仕事服(ビジネスアタイア)。ですから、仕事での装いが間違った捉え方になり、そのせいで印象の損をしている方も多いのです。
ビジネスアタイアだけでなく、表情、視線、姿勢や動作、声や話し方も印象コントロールの重要な要素です。またメイクもいちど見直す機会にしてください。

リーダーとして持つべきスキルは持っておく

持ち前のリーダーシップを活かし、さらに高次元からチームを見るのに役立つのがコミュニケーションと人間心理の知識です。
男性に比べ共感力が高いとされる女性ですが、実際は個人差があります。また人を動かすのは「情」ですが、人を動かす立場としては「情」だけでなく「理」も併せ持っておく必要があります。

「人と自分は違う」。当たり前のことですが、言葉ではわかっても、実際に何がどう違うのかを知っていないと、指導や育成でつまずきます。人は何で動くのか、リーダーとして必要な言葉や態度はどんなものか、人のタイプと接し方の違いはどんなことなのか、まず知ろうとすることが重要です。

エグゼクティブプレゼンスとは

Who needs Executive Presence?

エグゼクティブプレゼンスが必要な人は?

会社の顔となる人

社長・経営者層・上級管理職、広報窓口など、会社のブランドマークになる方

プロフェッショナル

専門家、士業、コンサルタントなど、すぐわかる信頼感が重要な方

リーダー・管理職

説得力や影響力を持つ、存在感あるリーダーになりたい方

営業職・自営業者

印象で勝ち、ニーズをすばやく把握し、相手を納得させる存在になりたい方

How can we learn Ececutive Presence for free

無料でエグゼクティブプレゼンスを学ぶには?

無料メールマガジン「エグゼクティブプレゼンス初級講座」

「有能さ、知性、品や威厳をどことなく感じる」
「余裕があり、豊かな経験や成功を匂わせる」

そんな雰囲気を持つ人に会ったら なんとなく一目置いてしまうことは ないでしょうか。 ワンステージ上だ・・・そう感じる雰囲気は 相手の中であなたのランクを自然に上げ 「一目置かれる」状態を作ります。 この講座では、あなたにその 「ワンステージ上の雰囲気」 を身につける方法を 順序立ててお伝えします。学んだ人が「もっと早く始めるべきだった」と必ず悔やむ内容をメールでお届けする講座です。 ぜひ、早めにご登録ください。

詳しく見る・登録する
>