卓越した存在感・上に立つ人の資質

「エグゼクティブプレゼンス」は上に立つ人に必要な卓越した存在感、上質な雰囲気や振る舞いを指します。

「エグゼクティブ・プレゼンス」とは、「社会的な 地位、職位や社格、専門性にふさわしい存在感」 のことです。オーラのように感じるもの、上に立つ人にふさわしい卓越した存在感、一流を感じさせる上質な雰囲気や振る舞い、と言えばもっと思い描きやすいでしょうか。また、そのポジションや役割、責任、キャリアや年齢には「経験値の豊かさ」を感じさせるような「品格」「落ち着き」が期待されます。それらを感じさせる要素も「エグゼクティブ・プレゼンス」と言えます。

いずれにしても、「どこか違う」と感じさせ、成功していること、上に立つこと、などについての納得感を人に与えるものです。その中に内包されているのは、これらの要素です。

●短時間で人を惹きつけ、信頼を得る対人魅力の要素

●品や「ワンランク上」を感じる振る舞い、

●頼りになるリーダーとしてのマインド

「エグゼクティブ・プレゼンス」は外資系の 金融機関やコンサルティングファームでは経営 幹部の必須要件とされています。「プレゼンス」の 有無や高低が、昇進や要職への抜擢を左右する と言われているほどです。

欧米のビジネス界ではごく一般的な言葉ですが、日本ではまだポピュラーとは言えません。ただし、外資系管理職、意識の高いビジネスパーソン、海外や外資系での勤務経験がある人、などから広まり、その必要性を感じるビジネスパーソンや企業が増えてきました。

例えば、堂々とした態度を身にまとう人や、大人の品格と言えるものが備わり、きちんとした振る舞いが印象的な人に会えば、誰もが「格の違い」を感じ、無意識に畏敬の念を抱かずにはおれません。

「エグゼクティブプレゼンス」を持つ人は、このような「格の違い」を周囲に常に感じさせることによって、能力・考察の深さ・経験値の豊かさをも印象付けることになります。

それが自然に「上に立つ」ことの強い説得力、心理的優位性を生みます。そして結果的に、周囲における高い評価や上のポジションに対する納得の感情につながり、言動により影響力を与えます。

こうなれば人を引っ張っていく上でも有利なことはおわかりでしょう。「上に立つ人は持っておくべき資質」と言われる所以です。

しかるべきシーンで、企業のトップや窓口の人間 が、それなりの雰囲気や存在感を示せるか、ある いは洗練された振る舞いができるかどうかは、 会社や組織のブランドイメージを大きく左右しま す。独立された個人の方なら、仕事の姿勢や業務 のクオリティの見られ方が変わります。

一定以上のポジションや役割を持つ人なら持って いて当然の「武器」であり、「上に立つ人」にとって のリテラシーです。 ビジネスの成功を考えるなら 「プレゼンスを持たない人」ではダメなのです。

「持たない人」の持つ悩み

「エグゼクティブ・プレゼンス」とは、「社会的な 地位、職位や社格、専門性にふさわしい存在感」 のことです。ですから、それを持ち合わせていないと、その「社会的な 地位、職位や社格、専門性」に対して人が期待するイメージをどうしても裏切ることとなります。その結果、知らないうちにネガティブな評価を受けてしまう、相手の記憶に残りにくい、などビジネスではマイナスな状況が起こりがちです。真の実力や仕事の意欲などがわかってもらいにくく、自信がそがれてしまう人も少なくありません。

このような課題や悩み、目標がある方は「エグゼクティブプレゼンス」の身につけ磨くタイミングにきています。

  • 実際の役職などより格下に見られる
  • あまり人に覚えてもらえない
  • 軽く見られる/頼りなく見られる
  • 振る舞いに自信がない
  • 仕事に自信があるが、成績が伸びない
  • 余裕や落ち着きを身につけたい
  • 説得力、影響力を高めたい
  • 大人の社会人としてきちんとしたい
  • 役割の重さにに比例して成長したい
  • 部下に慕われたい
  • 自分を洗練させたい
  • グローバルに通用する立ち居振る舞いを身につけたい
  • どこに出ても恥ずかしくない自分になりたい
  • キャリアや年齢にふさわしいヒューマンスキルを身につけたい

「天賦の才ではない」という事実

「エグゼクティブ・プレゼンス」は「天賦の才」、つまり生まれつきの才能ではありません。非常に常識的なことを後天的に身につけていくことで身にまとえることなのです。

社会で活躍し人から「さすがだ」「一流だ」と思われている人のほとんどが、成功の階段を昇って行く過程で自分に必要なものに気づき、意識して身につける努力をしています。それによって「社会的な 地位、職位や社格、専門性にふさわしい存在感」を磨いてきたのです。

もちろん、生まれつき人とは違う雰囲気を持っていた、小さい頃から帝王学をほどこされたという幸運に恵まれた人はゼロではありません。しかし、それは「まれ」な例です。多くの人は「必要性に気づき、自分に存在感を磨くことを課した」というところで、人と差をつけてきたにすぎません。ただし、それは確かに簡単なことではありません。必要なことに気づいても、その必要なことを修得するための機会や場所はそれほど多くないからです。しかし、今このページを見ている方は、その機会や場所を得られます。

あなたに必要なものに気づいたら、それを身につけることを自分に課すこと。必要なのはまずそれだけです。

3つの領域のバランス

よく誤解されますが、エグゼクティブプレゼンスに大切なのは「外見」だけではありません。「惹きつける力」と同時に「働きかける力」が必要です。その2つの力は3つの領域で磨けると同時に、それぞれの領域での力がバランスをとれていることが重要です。

1

印象コントロール

「印象」を「見た目」としか解釈しない人は多いですが、実際は人の感覚や感情に影響を与える非常に重要な領域です。印象に対する意識を変え、コントロールするための知識・スキルを持つと、魅力だけでなく説得力や影響力も格段に増します。
「印象コントロール」は見た目だけでなく自己演出力、表現力を高めることが必要です。

2

コミュニケーション

「どうしてあの人の言うことは聞いてしまうのか」。卓越した存在感を持つ人は卓越したコミュニケーション力を持ちます。それが人への影響力に表れます。また余裕や落ち着きといった外見の印象も実はコミュニケーションの知識やスキルが関わっています。上に立つ人には修得必須のコミュニケーション知識やスキルがあります。

3

自己設計

自己設計とは自分が持つ価値観や意図を明確にしていくことです。印象コントロールもコミュニケーションも、その価値観や意図により人に影響を及ぼすようなパワーになり得るのです。
他者を圧倒する存在感を持つのは、自分の核となる信念を持ち、それを強く意識できている人です。信念は自己設計のプロセスを経ていくことでよりしっかりと形成されていきます。

トレーニングの項目

人を惹きつけ、人に働きかける力を持つ人に共通するのは、いくつかの心得や基本を身につけています。それは、下にある9つの項目における基礎知識やスキルです。「エグゼクティブプレゼンス」を身につけ、磨くトレーニングはこの9つの項目が基本となり、目的に応じて組み合わせられています。これらを体系的に身につけていくことで、効果的にプレゼンスを磨いていくことができるのです。

また、エグゼクティブプレゼンスが不足している、というときにはこれら9つの項目のどれかがスタンダードレベルに達していないことが考えられ、その項目のブラッシュアップを重点とすることで、早期にプレゼンスのレベルアップが可能となります。

表情・視線・姿勢
動作・基本の所作
声・話し方
服 装
心理学・コミュニケーション
エグゼクティブ・マナー
プレゼンテーション
リーダーズマインド
メンタル・自己イメージ

できる人ほど「存在感」が必要

尊敬され信頼されるリーダーが持つ「エグゼクティブプレゼンス」。
それは自分を的確に人に表現していくセルフマネジメント力でもあります。
一定以上のポジションにいたり、立場としての役割や責任があるのにもかかわらず「持たない人」はいたずらに実力や可能性を低く評価され、自分の自信を失うこともあります。
また、情報があふれ、お互いに時間や余裕が少なくなるばかりの現代、何もせず自分の信頼性や実力を人に理解させることはどんどん難しくなるばかりです。

身だしなみに留意し、髪型などのイメージにも敏感になってください。ビジネスアタイア(仕事服)に戦略的な服装の考え方を取り入れてください。話し方や日頃の振る舞いに自信をつけ、ふさわしいマナーを適度に身につけて品格のある人間であることを示しましょう。
自分に合わせ自己演出や的確な表現ができるセルフマネジメント力やもはやどんなビジネスパーソンにも重要なことです。特にこれらの方には必須と言えることなのです。

幹部・役職者
女性リーダー
プロフェッショナルを自認する人
専門分野のエキスパート

Service

個人トレーニングコース・研修プログラムや講演、オンライン講座など、
課題やスタイルに合わせて選べる「エグゼクティブプレゼンスの身につけ方・磨き方」

トレーニング・プロデュース

エグゼクティブプレゼンスを身につける/磨くトレーニング。個人でお申込みの方に最適な学習プログラムです。

研修・講演

経営幹部のプレゼンス向上、エグゼクティブ養成を目的とした法人対象の研修プログラム等です。

オンライン講座

多忙を極める方、地方在住の方など対面のコースに通うことが難しい方のために生まれたオンライン学習のプログラム。

トレーニングの選び方や進め方、研修に関するご希望など お気軽にご相談ください